小比賀(おびか)家住宅

所 在  地   香川県高松市御厩町

指定物件   主屋、午門、土蔵、米蔵

建設年代   主屋= 江戸前期 17世紀前半

特 徴  等   四方蓋造の外観と広大な土間を持つ庄屋の家

所有形態   私有

概   要   当家の先祖は甲斐源氏武田氏から分かれたと伝え、武田滅亡後、

         姓を小比賀氏と変えて四国に渡ったもので、現在地に17世紀前期

         に移住した。その後政所を勤めたり、藩に出仕する等して江戸時代

          を通じて栄えた旧家である。正面(南側)に馬場があり長大な茅葺

         午門の後方を屋敷地とし、ほぼ中央に主屋があり、その後方に米蔵、

         土蔵が建つ。主屋は横長の大規模な建物で、梁間の狭い茅葺寄棟

         造り屋根の四方に本瓦葺の広い庇を付けた「四方蓋造(しほうぶた

         づくり)」で、棟上に本瓦葺の煙出しがある外観と、内部の広大な土間

         に特徴がある。平面は、基本的には土間と2列3室からなる六間取り

         で、土間の部屋側に幅1間半の板敷があるが、建設後何度か改造さ

         れている。