旧多聞院伊澤(たもんいんいさわ)家住宅

所 在  地   岩手県北上市和賀町岩沢

指定物件   主屋、久那斗神社里宮、

建設年代   主屋=18世紀後半〜19世紀初

特 徴  等   一般住宅の形態を残しながら上手座敷に山伏の修験道場を

          持つ山伏住宅

所有形態   北上市、久那斗神社

概   要   伊澤家は江戸時代のこの地方の一般住宅の形態である内厩式直屋

         (うちまやしきすごや)を残しながら、左側上手座敷に社寺建築特有の

         円柱、虹梁(こうりょう=やや反りを持たせて造った化粧梁)、大瓶束 

         (たいへいづか=虹梁の上に立てる瓶子形の束柱)等を配し、虹梁上

         部は、波に竜の漆喰彫刻の欄間など道場空間への演出に意をそそい

         だ山伏の修験道場を持つ。主屋裏手の仙人山に祀られている仙人権

         現の里宮で天明7年(1787年)建築の久那斗(くなと)神社が配され

         ており、江戸時代に於ける山伏住宅の実態がほとんど分からない現

         在、建築史上、文化史上貴重な遺構である。