奥田(おくだ)家住宅

所 在  地   大阪府大阪市平野区加美鞍作

指定物件   主屋、表門、乾蔵、旧綿蔵、納屋、米蔵(仮称北蔵)、米蔵(仮称南蔵)

建設年代   主屋=17世紀末

特 徴  等   庄屋の住宅、大和棟の改造を受けず当初から座敷部を持つ

所有形態   財団法人奥田邸保存会

概   要   当家は江戸時代を通じて鞍作村の庄屋を勤め、付近10ヶ村

         の庄屋代表も勤めた旧家である。邸内は江戸時代の大庄屋

         屋敷としての風格と遺構を残している。

          主屋は北面し、西端入母屋造り・東端切妻造り・茅葺・庇は

         本瓦葺で、屋根を大和棟へ改造せず、当初の入母屋造りの

         形式を残し、大和棟成立を知るうえで重要な建物である。